ヘルニアの原因と症状を徹底分析!ヘルニア研究所~ヘル研

女性に多いヘルニア

大腿ヘルニアと女性

大腿ヘルニアとは、脚の付け根と太腿の間ぐらいのところに腹膜や腸の一部が飛び出して、皮下がぷっくりと膨らむ症状を言います。一般的に知られている「脱腸」とはこのことです。40代~50代の女性の発症が多く、特に出産経験がたくさんあると筋膜や筋力が弱くなり、加齢により筋膜や筋力が衰えもあり発症することがあります。また、痩せ型の女性に多く見られる傾向があります。鼠径ヘルニアとよく似ていますがより太腿に近い部位に症状が起こります。原因として挙げられるのは、年齢と共に筋膜や大腿部の筋力などが衰えて、仕事やなんらかの要因でお腹に大きな負担がかかる状況があるなどが主な原因と考えられています。太腿の付け根付近に膨らんだ大腿ヘルニアを押すと中に引っ込みますが、開いてしまった穴が小さいため、飛び出た腹膜や腸の一部が元に戻らなくなることがあり、こういった状態を嵌頓(かんとん)といい、放っておくと飛び出た腹膜や腸が締め付けられて血行障害になり壊死してしまったり、腸閉塞を引き起こしてしまい生死に関わる事態になることもあります。このような状態になった場合は、病院へ行き診察を受けましょう。手術となった場合はメッシュ法で安心して手術ができます。メッシュ法とは網状のシートで世界的に使用されています。症状が嵌頓(かんとん)でなければ比較的短時間で手術も終わり、日帰りできます。今回挙げた症状を感じたら病院に行って検査してもらいましょう。